『with』5月号が発売されました。

撮影しました。

2021.03.27
『レタスクラブ』4月号が発売されました。

連載「ツレヅレハナコの100文字レシピ」を

キッチンミノルが撮影しました。

2021.03.25
『暮しの手帖 』第5世紀11号 2021年4-5月号が発売されました。

撮影しました。

2021.03.25
「家族製本」開催します。

【先着3組限定】 「家族の本」をつくりませんか?

2021年4月6日(火)表参道にて

あなたの家族をインタビュー・撮影して

世界で1冊の「家族製本」を制作します。

https://kazokuseihon.com

こんにちは、キッチンミノルです。

 

ちょっと長いのですが

「家族製本」への想いを書きました。

よかったら読んでみてください。

 

以前、AERAで「はたらく夫婦カンケイ」という連載を担当して、

7年間で約350組のご夫婦を取材させていただきました。

 

取材中に強く感じたのは、家族の話を第三者に話す大切さ。

 

飲み会の席だって、おやつの時間だって、ましてや仕事仲間にはなかなか家族の話はできないですよね。

それじゃあ、いつ話しているんだろうと思うと、そういう機会は驚くほどないんです。

心にしまっている家族への思いだったり、人からみたら何気ない思い出かもしれなけど、自分と家族にとってはすごく重要なことをゆっくり話をする機会は、

第三者だけでなく、もしかしたら家族の中でもないのかもしれない。

 

取材中にこんなことがよくありました。

同じ出来事でも話してみると夫婦で全く違う捉え方をしていたり、

それぞれの思いが実は全然伝わっていなかったり、

よく会話をしている方だと思っていたけど日々の報告ばかりをしていたことに気がついたり。

インタビューが進むにつれて、家族の時間がより熟成されていっているなぁと思うことがよくありました。

 

そして私は、その家族の歩んできた時間が滲むような写真を撮りたいと心がけて撮影をしていました。

その思いを感じ取っていただいたのか、撮影に挑む時の家族の一体感ってすごいんです。目の前に「家族で写真を撮る」という確固とした目標があるからなのか。家族一丸でカメラに向かってきます。

写真を撮られるという行為が介在することによって初めて見えるギュッと濃縮された家族像。

私は撮影しながら毎回ゾクゾクしていました。

 

この体験は多くの人にとってとても有意義なことなんじゃないかと感じ、一緒に取材をしていたプロインタビュアーの宮本恵理子さんと作ったのがこの「家族製本」です。

2014年ことです。

それから7年。

それぞれの家族に寄り添ってきました。

ある家族はご高齢のご両親の話をする機会にしてくださったり、

ある家族は単身赴任中のお父さんへ送ったり、

ある家族は子どもたちの育児日誌を残すために利用したくださったり(データにしてDVDに入れることによって全ての子どもたちが読むことができるようになりました。同時に今までの年賀状も納めました)、

ある家族は「家族製本」を往復書簡のような使い方で気持ちを伝えたり、

生まれたての子どもが大きくなった時に読めるようにと今の気持ちを残してくださった家族もありました。

 

今回は初めての試みとして、

撮影スタジオを借りして、限定3組のご家族の家族製本を制作する時間を作ることにしました。

 

場所は、表参道駅からほど近い撮影スタジオ。

この日は、多くの小中学校の入学式が行われるハレの日です。

新しい学校生活に向けての夢や目標。

または、新たな門出に立つわが子に向けて、お母様、お父様からのメッセージなど。

親子それぞれに時間を分けて、インタビューすることも可能です。

普段はなかなか言えない言葉も、私たちが介在することで引き出していきます。

もちろん、お子さんの入学に限らず、

ご家族にとって大切なテーマがあれば、ご希望にお応えいたします。

この本はご家族のためにつくるものですので、

なんでもお気軽にご相談ください。

(例えば、遠方に暮らすご家族に後日オンラインでお話を聴くことも可能です)

当日は、ご家族で会場にお越しいただくだけでOK。

あとは、私たちにお任せください。

今しか表現できない言葉や表情、そして、インタビュー当日の音声データも、「一生ものの家族の記録」として、一冊の中に綴じてお渡しします。

プロダクトのデザインにもこだわり、

美しい手製本をオールハンドメイドでつくる、手触りのある質感も自慢です。

セルフで撮った写真を集めるだけのアルバムや、写真館での記念撮影とはまったく違う特別な体験として、いかがでしょうか。

3年後、5年後、10年後、

家族製本をめくるたび、

そこに変わらずあり続ける言葉と表情が、

家族が重ねた時間の意味を教えてくれるのではと思います。

ご予約は、下記の日程からご希望をお書き添えの上、「家族製本」のお問い合わせフォームより、またはDMにてお申し込みください。

2021年4月6日火曜日

①14時〜15時

②15時半〜16時半

③17時〜18時

(この日以外での、お好きな場所での個別出張インタビュー撮影も承っております)

※スタジオ内での撮影、インタビューを含みます。

※料金は、取材・撮影・製作費・送料込みで税抜き価格138,000円〜。詳細は下記のホームページをご覧ください。

※納品は1〜2カ月後の予定です。

※撮影スタジオの場所の詳細は、ご予約確定後にお知らせします。

【当日の流れ】

受付

ご家族のインタビュー

写真撮影

写真の選択

完成まで楽しみにお待ちください。

https://kazokuseihon.com

「家族製本」は、家族から自然と生まれる「今」の言葉と写真の表現をプロがお手伝いし、世界で1冊の本に仕立てる「家族のためのものづくりプロジェクト」です。

2021.03.21
家族写真 出張撮影のページが充実しました。


家族写真 出張撮影のページ
が充実しました。ぜひご覧ください。

2021.03.15
コウケンテツの「つくってみよう!休日かぞくごはん」がアップされました。

撮影を担当しました。

2021.03.10
「おいしいマルシェ」が更新されました。

撮影を担当しました。

2021.03.08
『日刊SPA!』が更新されました。

ツレヅレハナコの旨いもの閻魔帳』を撮影しました。

2021.03.06
『プレジデントファミリー 』(プレジデント社)2021年1号が発売されました。

「ファミリーライブラリー 紀野紗良さん」を撮影しました。

2021.03.05
『arikoの副菜の鬼』が発売されました。

撮影を担当しました。

2021.02.25